Feb 26,2021 16:13 pm / カテゴリー: 光学ディスク /

写真保存dvdのおすすめランキング

スマホで撮影した写真は、そのままスマホやパソコンに保存しておくと保存容量を圧迫するので、適宜dvdに焼いて保存すると良いでしょう。dvdに思い出が詰まった写真を保存するなら、失敗なくディスクが作成でき、そして長期保存できる製品を使いたいものです。ここでは、信頼できるdvdディスクメーカーと、dvdに写真を保存するときに使いたいソフトを紹介します。

迷ったらこれ!写真保存に向いているdvdディスクメーカートップ3

【maxell】

スマホの写真をdvdに焼くには、まず空のdvdディスクが必要です。dvdディスクを製造している企業は数多くありますが、そのなかでもっともおすすめなのが「maxell」です。maxellは、創業以来磁気テープやカセットテープ、フロッピーディスクなどさまざまな記録用媒体を作り続けてきました。これらの製品で培ってきた技術と信頼は、記録用メディアの国内シェアの高さに表れています。

「BCN AWARD」というパソコン関連・デジタル家電関連製品の年間販売台数1位の企業を表彰する賞では、「DVDメディア部門」をはじめとする記録用メディア関連3部門で3年連続受賞を果たしています。maxellのdvdディスクは、高品質であるがゆえに他社製品よりも若干価格が高めですが、その価格に見合った価値を感じられるはずです。

【Verbatim(バーベイタム)】

おすすめメーカー第2位は「Verbatim(バーベイタム)」です。Verbatimは、1969年のアメリカで誕生した記録用メディアメーカーで、長期にわたり世界中で高いシェアを維持しています。このメーカーは、2019年まで三菱ケミカルグループの傘下にありましたが、それ以降は台湾CMC Magnetics Corporationの傘下に入っています。台湾企業の傘下に入った現在でも、50年の歴史に裏打ちされた信頼感が魅力です。

【HIDISC】

おすすめメーカー第3位は、厳密にいえばメーカーではなくブランドですが、「HIDISC」です。HIDISCは株式会社磁気研究所が販売している手頃な価格が人気の記録用メディアブランド。HIDISCのなかでも特におすすめなのが、太陽誘電株式会社が製造している長期保存用DVD-Rです。

太陽誘電は、記録用メディアユーザーの間で「That'sブランド」を製造していた企業として知られています。That'sブランドのメディアは、その品質の高さから絶大な人気を誇っていました。しかし、太陽誘電は2015年に惜しまれつつも記録メディアの生産を終了しています。太陽誘電が作るHIDISCの長期保存用DVD-Rは値段が張りますが、太陽誘電製のディスクを使いたい人におすすめです。

スマホの写真をdvdに焼くならDVD Memory!

CD・DVD書き込みソフト

CD・DVD書き込みするソフト
DVD Memory(無料体験版)

  • 多様な動画・画像形式の入力に対応
  • 多彩なDVDメニューテンプレートを搭載
  • 保存形式は自由に選択可能
  • 細部までこだわれるデザイン
  • 高画質HDビデオ(AVCHD,H264/MPEG4AVC,字幕付MKV等)の入力に対応
  • スライドショー、音楽CD、無劣化でデータDVD作成、ISOファイルをDVDに書き込み可能

スマホで撮った写真をdvdに保存するには、記録用メディアだけでなく、dvdを焼くためのパソコン用ソフトも必要です。インターネット上には、どれを選ぶべきか迷ってしまうほど多くのdvd作成ソフトがあります。dvdの作成やパソコン関連の知識に長けている人であれば、そのなかから自分に合ったソフトを探すこともできるでしょう。しかし、そもそもdvdディスクの作成がはじめての人やパソコン操作に詳しくない人は、どのソフトを選んで良いのかわからないはずです。万が一ソフトの選択を誤ってしまうと、目的の作業ができなかったりうまく使いこなせなかったりします。

dvd作成ソフトの選択に迷っている人には「DVD Memory」がおすすめです。DVD Memoryは、「写真を追加」「編集(必要なら)」「書き込み」の簡単操作で写真をdvdに書き込めます。たったの3ステップなら、パソコンに不慣れな人やソフトの扱いに自信がない人でも簡単に操作できるはずです。

DVD Memoryは写真をdvdに焼くだけでなく、写真を使ったスライドショーを作ることも可能です。エフェクトをかけて写真の雰囲気をアレンジしたり、トランジションと呼ばれる切り替え効果を工夫して、楽しく観られるスライドショーを作ったりできます。また、写真にテキストを付けたり、BGMを追加したりすることもできるので、ただ写真を詰め合わせただけではない印象的なスライドショーが作れます。

DVD Memoryにはこの他にも、動画をdvdに焼いてテレビで気軽に再生できるディスクを作ったり、自分の好きな音楽をまとめたCDを作ったりすることも可能です。また、DVD Memoryはデータディスクを作ることもできるので、プライベートだけでなくビジネスシーンでも活用できます。DVD Memoryの機能をすべて使うには、ライセンスの購入が必要です。1年間使用可能なプランは税込み3,980円、ずっと使える永久ライセンスは税込み4,980円です。無料体験版も用意されているので、興味がある方は一度使ってみてください。

大切な写真はdvdに焼いてしっかり保存しよう!

日々増えていくスマホ写真を保存するには、dvdディスクに焼くのがおすすめです。その際には、大切な写真を長期保存できるように信頼できるメーカーのディスクを選ぶと良いでしょう。写真をdvdに保存するにはdvd作成ソフトも必要です。パソコン操作やソフトの扱いに苦手意識がある方は、簡単操作が魅力のDVD Memoryをぜひ一度使ってみてください。

鈴木

編集

0 コメント
DVD作成の基本とコツ
UniConverter

> DVD作成の基本とコツ > 光学ディスク > 写真保存dvdのおすすめランキング