Sep 30,2021 17:53 pm / カテゴリー: 光学ディスク /

詳細!ブルーレイとDVDの違いって徹底解説

皆さん、よく聞くブルーレイとDVDの違いをご存じでしょうか?今回は3分で分かる、ブルーレイとDVDの違いをご紹介していきます。「結局何が違うの?」とお悩みの方は必読の内容です。ぜひ最後までご覧ください。

Part1:ブルーレイとDVDの違いは?

ではまず、ブルーレイとDVDの違いについて見ていきましょう。

・再生品質

・ディスクの外観

・録画方法

・再生方法

・記憶容量

・価格

・耐久性

・普及率

簡単にお伝えするとまず、これらの項目で大きな違いがあります。

Part2:DVDが向いている人

では、DVDが向いている人はどのような特徴があるのでしょうか。

①値段を重視するならDVDがオススメ

何と言ってもDVDの魅力は、価格にあります。非常に低価格のため、何枚でも気軽に利用できる点が特徴です。また、万が一ディスクへの書き込みを失敗した場合にも、金額面での負担は少なくて済むでしょう。

②画質や音質にこだわりがない

再生品質は、ブルーレイと比較するとどうしても劣ってしまいまいます。映像のみが劣ってしまうと考えている方がいるかもしれませんが、映像はもちろん、音声も劣化してしまいます。映画館のような臨場感はDVDでは再現することができないため、その辺りは十分に理解しておく必要があるでしょう。

③複数枚保管するのが苦にならない

ブルーレイと比較すると、圧倒的に容量が小さい点もDVDの特徴といえるでしょう。そのため大容量の映像の場合、DVDを複数枚に渡って保管しなければならない可能性があります。

結果として、保管時のDVDの枚数も増えてしまうため、この点は苦にならない人のほうが向いていると言えるでしょう。

Part3:ブルーレイ(Blu-ray)が向いている人

続いて、ブルーレイが向いている人を見ていきましょう。

①高品質で楽しみたい人にオススメ

ブルーレイの特徴は何と言っても高品質な映像や音です。臨場感を伴った圧倒的な品質は、DVDのクオリティとは比較になりません。再生機器が良くないと、音楽や音声の品質を楽しむことができないと思っている方がいるかもしれませんが、ブルーレイであるということだけで十分に品質は異なります。
高画質や高音質で楽しみたい方は、圧倒的にブルーレイがオススメです。

②1枚でたくさんの映像を保存したい

ブルーレイの大きな魅力のひとつに、容量があります。ブルーレイはDVDと比較し、圧倒的な容量を誇っています。

元々ブルーレイが発売された背景に、DVDでは満たすことができない容量を解決したいという理由もありました。種類によってばらつきはあるものの、比較すると約5倍の容量を誇ります。この点は大きな違いといえるでしょう。

③こだわりの機器で楽しみたい

実はDVDとブルーレイを比較した際に、様々な機器で再生できるのはDVDです。普及率が高いため、ほとんどの機器で再生できます。その点ブルーレイは、一部機器で再生不可となる場合があります。

一見不利な内容に見えますが、その点自身のこだわりの機器で再生することができます。ブルーレイを再生する場合には、ぜひ機器にもこだわってみてはいかがでしょうか。

Part4:ブルーレイディスク(BD)・DVDの適切な保管方法

・ブルーレイ、DVD、いずれの場合も高温や紫外線に弱いため、なるべく日陰かつ涼しい場所で保管することが大切です。熱や紫外線はディスクの変形などに繋がる可能性があるため、十分な注意が必要でしょう。

・また、破損にも十分注意しましょう。ディスクに破損が生じると、傷が入った場所が読み取れなくなり、結果的に再生できない可能性があります。壊してしまうことはもちろんですが、傷やほこりを付けないように注意しましょう。

・なお、耐久率でいうとDVDの方が高くなっています。なぜなら、読み取り場所がブルーレイの方が小さいためです。DVDの方が読み取り場所が大きいため、読み取りの際に不具合を起しにくくなっています。

ただしいずれの場合にも、適切に保存すれば約10年間保存可能です。最適な保管場所で丁寧に扱いながら、長く映像を楽しみましょう。

【まとめ】

いかがでしたか?今回はDVDとブルーレイの違いをご紹介しました。違いを理解した上で、ご自身にとって最適な方を選びましょう。適切に利用して、素敵な映像や音楽を楽しんでくださいね。

関連ソフトおすすめ:

DVD焼く?DVD書き込みソ
フト

DVD・BD書き込みする
ソフトDVD Memory

  • 多様な動画・画像形式の入力に対応
  • 多彩なDVDメニューテンプレートを搭載
  • 豊富なフィルター、タイトル、トランジション搭載
  • 高性能なビデオ編集機能付き
  • 高画質HDビデオ(AVCHD,H264/MPEG4AVC,字幕付MKV等)の入力に対応
  • 保存形式は自由に選択可能。DVDディスク、DVDフォルダ、またはISOイメージ ファイルへの書き込みに対応 (※windows版は無劣化でデータディスク作成、ISOファイルをdvdに書き込み可能)

鈴木

編集

0 コメント
DVD作成の基本とコツ
newyear-campaign

> DVD作成の基本とコツ > 光学ディスク > 詳細!ブルーレイとDVDの違いって徹底解説