iDVDに、テンプレートはないの?「テーマ」で解決!

iDVDには、これから作成する自分のDVDを、ユニーク且つより良いものにしてくれるテーマが標準でついています。

そもそもここでいう「テーマ」とは、「タイトル」、「チャプター」、「メニュー」、「ナビゲーション」、「ボタン」、「BGM」等の内容をセットにした、いわばムービーのためのひな形です。

iDVDについて

これらテーマが標準で入っているので、それらを一から別のソフトも使って作成するという手間が省け、カスタマイズも簡単にでき、しかもテーマを適用するには単に、使いたいテーマを 「プロジェクト」や動画自体に直接ドラッグアンドドロップするだけ。至って簡単です。

Part 1: iDVDのテーマを使う方法

手順に沿って操作していきます。もちろん一度適用しても、あとで変更は可能です。

Step 1 メインとなるテンプレートを選びます。

Step 2 「テーマ」をクリックして、使いたいテーマを適用します。

「カスタマイズ」をクリックして「設定」パネルを開きます。このパネルでは「メニュー」「テキスト」「ボタン」の大きく3項目を変更できます。

  • 「メニュー」ではテーマの背景(動画、静止画ともに可)とBGMを変更でき、その継続時間も変更できます。
  • 「テキスト」では、メニューページの中の文字装飾を変更できます。これはメニューのタイトルとボタンの名前の追加です。テキストを置く位置も、それぞれメニューの左・右・中央のほか、「カスタマイズ」を選んだら、好きな場所に設定が可能になっています。フォントの変更(書式、サイズ、装飾など)も可能です。
  • 「ボタン」は、「スタイル」からあらかじめ用意された14種のボタンから、場所も自由に変更ができます。
iDVDについて

ヒント:これらカスタマイズした内容は、よく使う項目、として保存しておくことができるので、今後同じようなことをする場合には便利です。

Step 3BGMや音データを設定

BGMも、音データも同様に「オーディオ」にドラッグアンドドロップします。

  • この背景の動画データや音声データも、あらかじめ別の映像編集ソフトを使って、ループ設定をして保存したものを 使用すれば、途切れることなく背景の映像は流れ、BGMも流れ続ける、なんてことができます。


Step 4ムービーデータをインポート

トップメニュー画面の中の、それぞれのチャプターに、それぞれ流したいムービーデータを ドラッグアンドドロップします。サムネイル表示できますし、そのサムネイル画像に枠をつけたり、テキストを表示してチャプタータイトルを入れたり、 ボタンを置いて、玄人が作るようなDVDメインメニューが出来上がります。

iDVDについて

Part2:テーマについてご注意の点

このようにカスタマイズも自由で便利なテーマですけど、 サポートも終了し、いまではアップルはもちろん、サードパーティーでもなかなか新しいテーマを ダウンロードできるところが見つかりません。少し前までは、存在していたものの、すでにサイトも 消えています。

OS Xのバージョンによって、標準でiDVDが入っていたころのテーマを使いたい、なんていう時も フォルダの中を深く探っていけば見つかりますが、どんなソフトでもそうですが、バージョンが上のソフトで 古いバージョンの時のデータを使おうとすると、どこかしらに何かしらの不具合があったりしますので、あまりお勧めできるものではありません。こんな場合に、Mac専用のDVD作成ソフトで、OS X10.10までのバージョンをサポートし、テーマも自由に選択でき、多くのことができるwondershare「DVD Memory(Mac版旧名:DVD Creator)」を使ってみましょう。

DVDMemory

PCがWindowsで、DVD作成ソフトを探したい方は「DVD Memory」の使い方をご参考ください。

詳細はこちらへ

Aug 02,2018 11:40 am / 編集者: naruhodo カテゴリー: iDVD
フォロー @NaruhodoDaisuke
この記事について、あなたの評価を教えてください: 5つ星のうち (合計人評価)
DVD作成の基本とコツ
dvd menu

> DVD作成の基本とコツ > iDVD > iDVDに、テンプレートはないの?「テーマ」で解決!