ワンだシェアー15周年X

avchdファイルを無劣化でDVDビデオ形式に変換し、再生する方法とは

avchdファイルはハイビジョン用の高画質のビデオを保存するためのフォーマットで、コンピュータのドライブに保存をする際に使用されます。保存された動画はパソコンで再生することは可能ですが、テレビで再生する場合にはDVDビデオ形式変換しなければなりません。一旦MP4に変換してからDVDビデオ形式で焼く方法がありますが、この方法だとハイビジョン動画の画質が低下してしまうというデメリットがあります。

avchdファイルを高画質のDVDに変換するソフトの紹介

DVD Memory」を利用すれば、avchdファイルをDVDビデオ形式に変換して光学メディアへの書き込みが可能です。作成したメディアはテレビでも再生可能で、高画質の映像を楽しむことができます。

このソフトの最大の特徴は、画質を落とさずに光学メディアに記録することができることです。他のオーサリングソフトなどを利用すると、プログラム内部で一度MP4などの形式に変換した上で光学メディアへの書き込みが行われることがあります。このような場合、ハイビジョンカメラで撮影した高品位の映像が普通のビデオカメラと同程度まで劣化してしまいます。

これに対して「DVD Memory」は画質を劣化させずに高解像度を維持しながらDVDビデオ形式に変換してくれるので、大画面のテレビで美しいビデオを再生することができます。 画質が高いことに加えて操作方法が簡単なので、初心者の方でもすぐに作業を開始することが可能です。

avchdファイルを無劣化でDVDビデオに変換する手順の紹介

Step 1 avchdファイルをインポートする

DVD Memoryを起動するとメニュー画面が表示されるので、データディスクを選択し、avchd動画ファイルを点線内にドロップしてインポートします。

avchdファイルをインポート

インポートしたファイルはサムネイルで表示されます。

avchdファイル編集

Step 2 内容を確認してデータの保存をする

サムネイルをクリックすると再生画面が開き、メディアに記録される内容を確認することができます。再生して問題が無ければ「作成」に進み、光学メディアに書き込みましょう。ディスク名前をつけたら、画面下側の「作成」ボタンをクリックします。この段階で、面倒なパラメータ設定を行う必要はありません。

DVDへの書き込み

「DVD Memory」を使用するメリットとは

avchd動画データをDVDビデオ形式に変換して光学メディアに記録するフリーソフトが公開されているので、これらの無料ソフトを活用する方法もあります。無料で配布されているソフトの中には、日本語に対応しているものも存在します。

ただしフリーソフトの多くはプログラムの作り込みが甘く、画質の劣化・映像の位置がズレる・音ズレなどの問題が発生することがあります。形式変換の過程で画質が劣化してしまうと、高価なハイビジョンカメラで撮影された高品質のビデオ映像が台無しです。

DVD Memory」は内部のプログラムがしっかりと作られているので、映像や音声の品質を保ちながらデータ形式を変換して光学メディアに記録することができます。操作方法が分かりやすく、パラメータ入力や複雑なオプション選択をせずに簡単に作業を進めることができます。このソフトはプログラム本体が軽いので、WindowsXP以降のパソコンであれば問題なく作動します。そのため、光学ドライブを備えた古いパソコンを有効活用することができます。

まとめ

avchdファイルをテレビで再生可能な形式で光学メディアに焼くだけであれば、無料で入手可能なフリーソフトを利用する方法があります。ただし無料ソフトはプレビュー機能で確認することができず、焼いた後になって映像や音声の問題に気付くケースが多いです。 高画質のavchdビデオの画質・音声を劣化させずに光学メディアに記録したいのであれば、「DVD Memory」を利用することをおすすめします。

DVD Memoryの機能紹介デモがご覧になれます。

Sep 30,2018 11:07 am / 編集者: naruhodo カテゴリー: DVD焼く方法
フォロー @NaruhodoDaisuke
この記事について、あなたの評価を教えてください: 5つ星のうち (合計人評価)
DVD作成の基本とコツ
dvd menu dvd menu

> DVD作成の基本とコツ > DVD焼く方法 > avchdファイルをDVDビデオ形式に変換する方法とは